出雲西高等学校

西高の心の教育 7つの習慣を学ぶ

西高の心の教育7つの習慣
7j02 7j03

好ましい人格を育てるための教育プログラム

大切なことは、自分の可能性を信じること。そして自分の夢や目標を見つけ、その実現のために必要な考え方や習慣を身につけることです。本校は「7つの習慣J®」を通じて、より良い生き方ができるように皆さんをサポートします。

『7つの習慣J®』とは

『7つの習慣』『7つの習慣®』は、アメリカのスティーブン・R・コヴィー博士が歴史的な偉人やスポーツ界、ビジネス界など様々な分野で活躍した人たちの「共通する習慣」を体系的にまとめたもので、全世界で3000万部もの販売を記録するベストセラー。 しかも書籍だけでなく全世界の企業の人材育成にも活用されています。これを小・中・高校生向けにアレンジ・開発したものが『7つの習慣J®』です。

「7つの習慣®」及び「7つの習慣J®」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です

どんな習慣を身につけるの?

第1の習慣 自分が選択する

「成績が良くないのは、学校のせい?親のせい?」

自分自身の問題として考えられるようになります。

第2の習慣 終わりを考えてから始める

「自分はどんな人間になりたいのか?勉強はどんな意味をもつものか?」

自分なりの考えをしっかりと持つようになります。

第3の習慣 一番大切なことを優先する

「宿題をやるのが先か?ゲームをクリアするのが先か?」

自分にとって大事なことは何かを考えるようになります。

第4の習慣 Win-Winを考える

「我慢すればいいの?押し通すのがいいの?」

相手に対する思いやりを持ちながら、自分を主張する勇気を持てるようになります。

第5の習慣 まず相手を理解してから次に理解される

「どうしてコミュニケーションが上手くできないんだろう?」

聴く力を身につけることができます。

第6の習慣 相乗効果を発揮する

「誰かに合わせて妥協したり、あきらめたりしたくない。」

協力してもっと良い答えを出そうとするようになります。

第7の習慣 自分を磨く

「勉強だけできればいい?スポーツだけできればいい?」

バランス良く自分自身を高める習慣が身につきます。

 

ファシリテーター(指導担当教員)より

人生で成功をおさめるための考え方を学ぶ

こどもの自主的な意見が飛び交う授業に この授業は、専門の資格を持った「ファシリテーター」と呼ばれる本校教員が担当し、ゲームやクイズ、話し合いなどを多く取り入れた「生徒参加型」の授業です。生徒のやる気と自主性を引き出し、「なりたい自分」になるために、よい習慣が身につくように一緒に考えていくのがこの授業です。 何事も「どうせ無理」と考えるのではなく、「やってみよう」「だったらこうしてみよう」と考える姿勢が、この授業を通して習慣化します。そのために毎週「今週のチャレンジ」を自分で設定し、そのチャレンジに取り組みます。チャレンジの振り返りをすることで、反省や新しい気づき、自信を得て、生徒達は少しずつ変化し、成長していきます。

7つの習慣Jの授業を受けている生徒の感想

7つの習慣

  • 自分の考え方を変えることは難しいと、今までの経験からわかっていました。でもこの授業を通して、心の持ち方で人生ってすごく大きく変わってくると思いました。自分を制限する考え方を持つのではなく、何事にも前向きに考えていけたらいいなと思います。
  • 思い込みでできることも、できなくなることがわかりました。私はそういうことが多いので、本当はできるけどできないと思わないで頑張ってみようと思います。
  • 習慣にする大切さがわかりました。中学生の時勉強していなかったけど勉強も習慣にしていきたい。
  • 人はちょっと違う考え方をするだけで、色々なことが楽しく思えたり、面白く思えたりすると思った。
  • 私は自分が好きじゃないし、自信がないので、自分貯金がすごく少ないと思うけど、これからもっと自分貯金をためるように頑張りたいし、それでだんだん自分を好きになっていけたらいいです。