出雲西高等学校

『学園祭』 楽しかった!模擬店・バザー

出雲西高 ボーイズ&ガールズ2011学園祭初日の9月1日(木)は、模擬店やディベート、インターアクトクラブの救済バザー、ふれあい茶席、陶芸・書道・絵画の展示などを行いました。

生徒会主催の「出雲西高 ボーイズ&ガールズ2011」では、体育館の熱気の中で「おかま時代」のステージやクラス代表の男装・女装に大いに盛り上がりました。

 

模擬店模擬店は、夏休み前から各クラスで内容を話し合い、店にはたこやき・お好み焼き・クレープ・焼きそば・かき氷・お化け屋敷・クラス劇など、色々なメニューや趣向を凝らした催し物がずらりと並びました。また、PTAと永明会の皆さんもイカ焼き・肉巻きおにぎり、チャーハンで参加していただきました。どれも味は抜群!みんなでおいしくいただきました。

ディベート特に今年、1年7組のクラスでは生徒たちがディベートに挑戦し、テーマ1「日本の高校は義務教育にすべきである。」テーマ2「すべての日本の高校は私服にすべきである。」テーマ3「日本は原子力発電を廃止すべきである。」というテーマごとに賛成・反対に分かれ白熱した論戦を繰り広げました。この模様は、山陰中央新報などのマスコミでも紹介されました。

『学園祭』 楽しかった!模擬店・バザー