出雲西高等学校

第14回高校生小論文コンクール 佳作(全国第3位)

 読売新聞、帝京大学グループ主催 第14回高校生小論文コンクールで、インターアクトクラブ部員の飯島渉君、小松原崚君、森脇拓実君の3人が応募し佳作をいただきました。これはグループ部門、全国で第3位の快挙でした。  タイトルは「インターアクトクラブの環境保全活動と国際活動について」で、インターアクトクラブの海岸清掃、ヨシ植え、植林活動、EM菌をつかった川の浄化と水質向上などが認められました。また、350Kgの文房具を送るなどのフィリピンの貧しい子どもたちを救う活動や、韓国の江華島にあるサンマウル高校との環境問題についての交流会が高い評価を得ました。
第14回高校生小論文コンクール 佳作(全国第3位)