出雲西高等学校

授業評価システム

授業評価システム

生徒の皆さんの声を聞き、授業を改善します

出雲西高校では、わかりやすい授業を実践するために、授業評価(アンケート)を実施しています。
年2回、教員の授業について生徒がアンケートに答え、その結果を基に授業内容を改善していくよう努めています。

  • 授業が「わかる」と学習意欲がでます
  • 授業が「わかる」と学力が向上します

授業評価のサイクル 年2回実施

  1. 授業のアンケート
    目標保持指数・意欲度・関心度・関心喚起度・予習復習度・学力向上実感・理解度・好感度のカテゴリで授業を評価
    (教員の取り組みを20要素40項目で確認)
  2. 専門家による結果分析・研修会
    教科及び個人データ分析と研究・改善検討
    「教員の取り組み」と「生徒の変化」との相関関係をクロス集計で分析
     → 最も有効な取り組みの抽出 → 共有
  3. 教科会レビュー
    教科会で授業改善の目標設定と計画策定&個人での授業改善計画策定
  4. 授業実施
授業評価検討会 評価結果の推移 授業満足度の推移 授業風景
授業評価システム